現在のレンズでワークスタイルを考える

岡村周一の世界観

My New Challenge

【MyNewチャレンジ】オンラインで本を売ってみた

投稿日:

いらっしゃいませこんにちはー!
いらっしゃいませこんにちはー!
いらっしゃいませこんにちはー!

ブックオフか!

このくだり知ってる人どれだけいるかな?

個人的には最強のお笑い芸人サンドウィッチマンのコントの始まりです。

ネタわかってても毎回めっちゃ面白いです(笑)

私は昔から読書家で、時期にもよりますが、少なくても週に2〜3冊、インプットに集中している時期は1日1冊のペースで本を読みます。

まぁ本を読む量と知識は単純比例はしないのですが、確実に部屋の中は本だらけになります(笑)

なので、読み終えた本や、もう読まないだろうと思った本は、定期的にブックオフに売りに行ってました。

でもね、これって結構大変だったんですよ。

何十冊も重いし、面倒だし、その上ブックオフで中古本買っちゃうしw

自宅が田舎なもので、ブックオフの店舗自体が遠いので、今回初めてブックオフオンラインで買取申し込みをしてみました。

オンラインでの買取サービスって、やってみたかったけどなかなか機会がなかったんですよね。

でもたまたま買取金額アップクーポンを見つけたので、依頼してみました。

仕組みとしては、

・オンラインで集配日時を決定
・ダンボールに売りたい本を梱包
・当日集配の人に渡す
・後日銀行口座に入金

というシンプルなステップで、ダンボールを用意して梱包する以外は楽々。

荷物を持ち運ぶこともいらないし、宛名書きもいりません。

ということで、家にある本は100冊以下になりました!

目標は20〜30冊程度までしたいなぁ。

実は、がっつりKindleユーザーでして、今年の大きなテーマの中として「電子書籍を優先的に買う」ということを決めています。

なので、今年はハーバードビジネスレビューという雑誌以外は紙の本を買っていません。

紙の本も好きだけど、私史上最大の電子書籍ブームがやって来ておりますので、ここ最近は電子書籍ばかり買ってます。

全体的な可読性や、読みたいページをパッと開くにはまだまだ紙の本が優れていますが、毎週東京出張している私にとっては、電子書籍はかなりありがたいんです。

部屋に本が100冊しかない状態って、かなりスッキリした感じになるもんですね。

「いつか読むかも」と思って持ってても、なかなか読む機会はやってきません。本にとっても、読んでもらうために生まれてきたんだから、他の人の手に渡って読んでもらえる方が幸せなのは言うまでもないですね!

-My New Challenge

Copyright© 岡村周一の世界観 , 2018 All Rights Reserved.