現在のレンズでワークスタイルを考える

岡村周一の世界観

雑感

私は人をリスペクトできない人でした

投稿日:

このブログって、これまでの自分の価値観と現在の価値観とを対比して、どういった考えが変わったか、どういった行動の変化が表れたか、どういった捉え方に変わったか、そんなことも書いていこうと思っています。

最近思うようになったのは、尊敬できる人が増えたってことですかね。

これまでの私は意固地だったんですよ。

当時は自分は負けず嫌いだと思っていました。でもただ片意地張ってただけ。たまに「超大物」とか言ってSNSとかブログとかに急に進出してきてチヤホヤされている人がいると、無意味にイライラしていました。

こいつの何がすごいねん!みたいなw

今思えば、当時の自分は心に余裕がなかったんでしょうね。いや、当時は自分では心に余裕があると思い込んでいたので、心の器がまだ小さかったんだと思います。

だって急にネットで出てくる大物って大したことないじゃないですか。5年も経てばもういなくなる。だからほっといたらいいのに、自分もまだまだ小者だったんでしょうねw

そうした時から何年か経ち、今こうしてもう一度ブログを始めて見て当時とは全く違う心境で書くことができています。

昔の自分は

・ブログのアクセスを集めて有名になりたい
・すごい人だと思われたい
・モテたいw

そんな下心を持ってブログを書いていました。いや、正確には読んでくれている読者のためにブログは書いていたんだけど、その見返りが欲しかったんでしょうね。まだまだ青かったですwww

今はそんな下心もなく、純粋に書いているのが楽しいからブログを書くようになりました。昔は悪く思われるのが嫌だったから綺麗事しか書いていなかったけど、今は全然気にしていないので、「こいつはカス」みたいなことも平気で書けます。(まだそのチャンスは巡ってないですけどねw ツイッターでは書いてるけど)

自分が今見えているもの、自分が今考えていること。現在持っている自分の知識をブログをいう形で残しておくことで、自分の定点観測にもなるし、仕事や人生において誰かの役にも立てるかもしれない。

これをきっかけに何か繋がったら嬉しいけど、主目的ではないです。
多分ちきりんさんの『ちきりんの日記』と同じような感覚だと思います。

私もそれなりにブログはやってきたので、ビジネス目的のブログであれば、「岡村周一の世界観」みたいななんの検索にもヒットしないようなタイトルを書いたり、自分が思ったような自由な記事を書いたりということはしないです。

ブログタイトルもアクセスアップのためにそれなりに考え、コンテンツももっと絞り込みを行います。多分めっちゃ時間かけて考えるんじゃないかな。

でも最近は結構自由でいいかなぁって思って。ゆるーくやってるわけです。で

結構自然体でやってると、周りには本当にすごい人っていっぱいいるんだなぁと見えるようになってきたんです。

40代になると、年下の人でもすごいと思えた人には素直に尊敬できる。そんな受け入れ姿勢が自分の中にできてきました。

・本当に日本を変えようと思って取り組んでいる人
・自分には到底できない発想を持っている人
・ありえない行動力で、次々と物事を実現させていく人

そういう人達を見ていると、「ほんと、この人達すごいわ」と尊敬の眼差しで見てしまいます(笑)

例えば男子フィギュアスケートの 羽生弓弦選手。

4年前に金メダル。今回の世界の注目度とか金メダルの期待から考えると、それでも本当に金メダルを取ってきたという彼の精神力の強さはもう神の領域なわけですよ。

普通の大人だったらプレッシャーでメンタルやられるよ!?

どんなトレーニングしてんねん。と。思うわけなんです。

ところで、私くらいのおっさんになってくると、よくある口癖が

「今の若いものは〜」

みたいに今の若い人は弱いだの、だらしないだの、礼儀がなってないだの言いますよね。でも実際今の若い人ってすごいですよね。みんな本当に自分のことちゃんと考えてるなぁって思っちゃいます。

こんな感じで、実は今日でブログをスタートして50日なんですけど、50日続けて見てこうした景色が見えたので報告したくなりました。

毎日続けていると見えてくる景色ってあるもんですね。

ちなみにこのブロググダグダでまとまってない感も個人的には好きなんですw

-雑感

Copyright© 岡村周一の世界観 , 2018 All Rights Reserved.