現在のレンズでワークスタイルを考える

岡村周一の世界観

雑感

自己投資の配分が変わってきた

投稿日:


早いもので今年44歳になります。もうすっかりいいおっちゃんですが、体力と見た目だけはできるだけキープしようと努力しています。

去年一年間で一番はまったのがジム通い。私の場合、平日は東京出張なので東京のジムに1回または2回、週末は地元のジムに1回と、週2~3回のペースで一年間通っていました。

ジム通いという言い方をすると「マッチョ目指してるんですか?」とたまに質問されるんですが、マッチョは目指してません(笑)じゃあジムで何してるんですか?となりますが、もちろん筋トレもしますが日ごろの運動不足解消が目的なので、筋トレをやりつつスタジオプログラムで汗を流しています。

最初はね、わからなかったんですよ。何がって毎日走ったりトレーニングする人の気持ちが。だって楽しくないでしょ?そして走ったり自分の身体をいじめてしんどい思いをさせるんですよ。そんな状態でした。

気持ちが変わったのは一昨年の夏。とある病気で倒れ緊急入院することになりました。時期はちょうどプロジェクトの最終日で、翌週から別のプロジェクトに移るというタイミングでした。入院すること10日、休むこと2週間。心の中では身体が資本だし健康第一と思っていても、実際は仕事優先で倒れるまで毎日0時過ぎまで仕事をしていました。

毎日0時過ぎまでやってたらそりゃ倒れますよ(笑)40代のおっさんにはきついわけです。それ以来2つのことを決めました。

・残業をしない働き方をする
・毎週必ず適度な運動をする

それをここまで1年以上継続しています。残業をしない働き方は、今の生産性のまま仕事の時間を短くするのではなく、できるだけ生産性を上げて短い時間で同じ量の仕事をするようになりました。また適度な運動については、ちょうどその頃、おっさん達に大人気のポケモンGOが出たので、まずはウォーキングから始め、徐々にジム通いにシフトしてきたという感じです。

社会人になって20年以上が過ぎました。これまでの私のお金の使い方はちょっとずつ変化してきています。その中で自己投資に充てる割合も変わってきました。

まず20代の頃。基本的に20代前半は浪費家でした。給料もらった何買おう?ボーナスで何買おう?自分の好きなものを買いまくる&ギャンブルに消えるといった感じでした。自己投資という投資はせず、あえて言うならスノーボードにお金をつぎ込みまくってました(冬は毎週ボードに行ってました)

20代後半は結婚を期に浪費はなくなり(できなくなり、が正解)、小遣いで資格試験の本を買って勉強をしていました。一番お金を使ってなかった(使えなかった、が正解)時代でした。

30代になり、少し収入も上がったのである程度自分で使えるお金も増えてきました。ボードは結婚の時に引退したので、基本的に趣味がない状態でした。もっぱら本に投資しまくってました。30代後半はオンライン英語やセミナーなどにも参加してスキルアップのために投資をしていました。

そして40代。これまで自己投資=自身のスキルアップの投資だったのですが、自分の身体のメンテナンスにお金を使うようになってきました。歯医者や健康チェックなどの医療関連、そして体力維持のためのジム通い。もちろんスキルアップの投資も欠かしてはいませんが、だんだん自分の身体を見つめるようになってきました。

50代、60代の諸先輩方から見ると、当たり前のことなのかもしれないですが、これも自分の世界観が少し広くなった証拠かもしれません。若いころには見えなかったレンズがこの歳になってようやく見えてきたという感じでしょうか。

これからさらに歳を重ねていきますが、自己投資だけは欠かさないようにしていこうと思います。そしてこうした情報発信も。その結果、将来の自分がどうなっているのかとても楽しみです。

-雑感

Copyright© 岡村周一の世界観 , 2018 All Rights Reserved.