現在のレンズでワークスタイルを考える

岡村周一の世界観

英語セミナー作成チャレンジ My New Challenge

【ESC012】[伝え方]でいよいよ「日本」を世界に伝える

投稿日:

なんかタイトルで大きく出ましたけど(笑)
日本を世界に伝えてきます。

別に関係ない話ですけど、今年1月1日からブログをスタートして今日で100日目。

昔は当たり前のように毎日更新していたんですけど、久しぶりにブログを再開し、とりあえず最初の節目の100日をクリアしました。書くことに慣らすために毎日続けていますので引き続き行けるところまで続けて行きます。

さて、ここ数日英語セミナーチャレンジ[EnglishSeminarChallenge]のコンテンツを考えています。

昨日までこんな感じでJAPANのそれぞれにコンセプトを当てはめています。
(ブラウザ環境によっては表がはみ出ます)

# テーマ 日本的表現 キーワード
J プレゼンの心構え 日本人の心に学ぶ(武士道・サムライスピリット) Japanese Spirit
A プレゼンの企画 おもてなし文化をプレゼンに取り入れる Audience First
P 構成・ストーリー作り アニメのストーリーに学ぶ Pleasant and Agreeable
A スライド作成 「和」和食・四季からスライドの魅せ方を知る Attractive Slides
N デリバリー(伝え方)

今日は最後のNについて考えてみます。

◆5文字目の「N」について考えてみる

最後のNは伝え方についてのセクションになります。

私はアナウンサーでもなければ役者でもなんでもない普通のビジネスパーソンです。

よく「プロの話し方」みたいな本や講座をみますが、相手に正しく伝えることと、相手に納得してもらうために伝えるのとでは方法が全く異なります。

人前で話すとなるとどうしても緊張してしまって、普段とは全く違う話し方をしてしまったりします。

まぁそれはそれで仕方ないことなんですけど、別にプレゼンだからといってかしこまる必要は本当はないんです。

私がいつも伝えているのは「自然体」。

プレゼンは1対1の会話の延長にすぎません。

うん、N出てきましたね。

Nは自然を意味する Naturalです。

こうなるとNは結構簡単かも。

日本といえば自然が豊富。

昨日の記事で紹介した、観光庁の調査のP25を見ると、訪日前にもっとも期待していたことの1位が日本食を食べること、そして2位が自然を見ることなんです。

なので日本の自然の素晴らしさを伝えつつ、この伝え方のセクションは作れそうです。

日本には裸の付き合いってのもありますよね。温泉に入ってみたいというのも4位ですし、温泉にも絡めたコンテンツが作れそうな気がしています。

ということで、まとめてみると

# テーマ 日本的表現 キーワード
J プレゼンの心構え 日本人の心に学ぶ(武士道・サムライスピリット) Japanese Spirit
A プレゼンの企画 おもてなし文化をプレゼンに取り入れる Audience First
P 構成・ストーリー作り アニメのストーリーに学ぶ Pleasant and Agreeable
A スライド作成 「和」和食・四季からスライドの魅せ方を知る Attractive Slides
N デリバリー(伝え方) 自然の美しさ、温泉・裸の付き合い Natural Style

個人的には、この記事で紹介した大阪プレゼンのように「オチ」が欲しい(と思うのは大阪人だけかw)

【ESC007】大阪人はプレゼン上手というプレゼン

英語でセミナーを作成するというチャレンジ(EnglishSeminarChallenge)ですが、仕事の合間を縫って少しずつ進めています。 ここまで、英語でプレゼンセミナーを作成しようとは決めています ...

続きを見る

まぁこの辺は海外の人の反応も見ながら、自分のコンテンツを作り上げる中でブラッシュアップして行きます。

よし、一旦コンセプトはできた。

ここから今回まずは10分のデモンストレーション用プレゼンテーションのコンテンツを作成して行きます。お楽しみに!

-英語セミナー作成チャレンジ, My New Challenge

Copyright© 岡村周一の世界観 , 2018 All Rights Reserved.