現在のレンズでワークスタイルを考える

岡村周一の世界観

英語セミナー作成チャレンジ My New Challenge

【ESC053】日本のアニメの秘密を知ればプレゼンが上手くなる!

投稿日:

英語セミナー作成チャレンジ、日本語版は完成。ブラッシュアップもかなりできてきました。

先日のスクリプト、ここでどこを改善するか?

【ESC049】日本語版セミナースクリプト公開します☆

昨日の記事に書いた通り、英語プレゼンセミナーの日本語版スクリプトが完成しました! 今日はね、その内容をドドーンと公開しちゃいます。 台本からプレゼンを起こす人、要チェックですよ。(特に書き方) --- ...

続きを見る

ノウハウ自体は深く調べたこともあり、まずまずの内容になっています。

でもそこに至るためのツカミのところがちょっと弱いと思っていて、それをどうにかしようと思っていました。

アニメのノウハウを伝えるのなら、アニメでスタートしよう。

今回はこれでチャレンジしてみようと思います。

こんな感じで、プレゼンの準備を頑張ったのに伝わらなかった女子を紹介します。

せっかくプレゼンをするのなら、聴き手にしっかりと聞いてもらいたいですよね。

こういう導線から「日本のアニメの秘密を知ればプレゼンが上手くなるんです!」という流れに持っていきたいんです。

でもこのつなぎが難しい。ブログ書きながら、結構考えていて手が止まっています。。

こういう時、何を考えているか?

自分が発した一言、ひとことを受講者が聞いたときに、どんな風に受け取るか。どんな印象を受けるか。話が唐突ではないか。強引ではないか。違和感はないか。そんな感じで常に受講者のイメージを張り巡らせます。

急に「日本のアニメからプレゼンのヒントを学べばいい」というメッセージは唐突すぎて白けてしまいます。

聴き手はプレゼンターの話す内容があまりに唐突すぎたり、難しすぎたりすると思考を停止してプレゼンターに対する興味がなくなってしまいます。

例えば「72%、これ何の割合だと思いますか?」という質問から入るプレゼン。

あなたが聴き手だったらどう思いますか?

「何の割合だろう???」ってなりますか?

なるわけないですよねw

聴き手の頭の中は

知るか!
わかる訳ないやろ!
唐突すぎやろ!

ネガティブが出まくります。

だからこうしたプレゼンは絶対にNG。なのでこうしたプレゼンが「素晴らしい」と言っている専門家を見ると引いてしまいます。

何事も加減が必要。

いいタイミングで出てくる「72%」と唐突に出てくる「72%」では聴き手の受け取り方が絶対的に違ってきます。

だから日本のアニメの素晴らしさを伝えたいという気持ちが抑えきれずにいきなり「日本のアニメを学べばプレゼンが上達する」みたいなアホみたいなことを言ってしまうと、受講者はひいいてしまう訳なんです。

これは多少の価値観の違いはありますが、外国人も同じです。

だから外国人のプレゼンターはストーリーを話し出す。"Imagine"(想像してみてください)みたいなフレーズを言って聴き手にイメージしてもらう。つまり頭の中で絵が描ける状態じゃないとダメなんですね。

だから最初はアニメ素材を使ったプレゼン失敗例をスライドショー形式で紹介する。で、あなたがもしプレゼンをするのなら、スマホ触られたり、寝られたら嫌ですよね。といった話をする。

じゃあ、どうすれば聴き手を引き付けるプレゼンテーションができるのでしょうか?

みたいな流れになります。

あ、ちょっとイメージ浮かんできた。あとで自分で読み返す用に書いてみますね。

----
じゃあどうすれば聴き手を引き付けるプレゼンテーションができると思いますか?

ここに1つヒントがあります。

先ほどのオープニング、私はひとことも言葉を発していません。

ただスライドに流れるアニメーションを見ていただいただけです。

でもこの女性のような体験はしたくない。と思ったはずです。

このように視覚的に訴えるということは聴き手を引き付ける1つのヒントになります。

皆さんは子供の頃、アニメを見て育ちましたか?好きなアニメはありましたか?

おそらく夢中になってテレビ画面を見ていたことと思います。

特に皆さんは日本のアニメをご覧になったことはありますか?

実はある調査によると、日本製のアニメって世界のシェアの60%を占めているらしいんです。

まぁこれには正直驚きました。

そしてなぜ日本のアニメってこんなに人気が出たんだろう?

これが気になってずっと調べていくと、実は日本のアニメって視聴者を引き付けるテクニックがある事がわかったんです。

そして興味深いことに、これって聴き手を引き付けるプレゼンにもつながっている事もわかりました。

日本のアニメが世界で人気になった理由を知る事で、あなたはプレゼン上達のヒントを手に入れる事ができるんです。
-----
どう、どう?

いい感じじゃないですか??

明日もう一回読み返してみるけど、明日リセット状態で読み返して良さそうだったら、これをツカミに持ってこようと思います。

という事で、今日も0時前ギリギリのアップになりました!

-英語セミナー作成チャレンジ, My New Challenge

Copyright© 岡村周一の世界観 , 2018 All Rights Reserved.