現在のレンズでワークスタイルを考える

岡村周一の世界観

D&I

ダイバーシティよりもインクルージョン

投稿日:

上場企業など大手企業ではダイバーシティの取り組みが積極的に行われ始めています。ただまだ働く私たち個人にとってはまだ感覚が薄いんじゃないですかね。

私も社内のD&I(ダイバーシティ&インクルージョン)担当として活動しているから耳にする機会は多いけど、実際のところ普段のビジネスに取り入れられている感覚はあまりないです。

とは言っても女性社員は多いし、うちは外資系だから外国籍の人も多い。私のようにシステム畑出身者のコンサルもいれば、公認会計士のコンサルも事業会社出身者もいる。

LGBTとかDisabilityといったところはまだまだだけど、それなりに多様なタレントがそろった環境で仕事をしています。

ダイバーシティが取り上げられ始めている理由は、日本人の少子化によるところが結構あると思っていて、日本の労働人口が減るということは日本のGDPが下がる。日本のGDPを維持するには女性や高齢者、外国人の採用など、それなりに企業も手を打たないといけない。

たぶんそんな背景だったかと思います。

だからといって、むやみに女性採用数を増やそう!とか外国人を採用しよう!となったとしたらどうなると思います?

会社の従業員数は増えますが、労働生産性が上がるのかというとそうじゃないですよね?

もともと育ってきた環境や年代、価値観が異なる人たちが一緒に働くって難しいんですよね。

例えば20代の女性社員3人と、40代の男性社員3人が一緒に中途採用されたとしますよね。そしたら確実に女性社員グループと男性社員グループの2つに分かれるんですよね。6人でワイワイやるってほとんどないはずです。(同期のつながりで交流はあるとは思いますが)

他にも、あなたの職場が日本人ばかりのドメスティックな環境だとして、そこに外国人の労働者が1人入ってきたらどうなると思います。もちろん職場次第なんですけど、どこかぎこちない空気になったり、どうやって歩み寄っていこうかという空気になりますよね。

多様な職場を実現するには社員1人ひとりが受け入れ、組織というチームとして包括的に考えていく取り組みが必要になります。

これがインクルージョンなんですね。

多様な人種、多様なバックグラウンド、多様な性格・価値観、こうした多様性をまずは個人として受け入れることが重要になります。

具体的にどういうことか?

例えば、お子さんがまだ小さいお母さんが職場にいるとしますよね。でも子供を預けているから朝は10:00に出勤し、16:00には帰らないといけない。こうした働き方を見て「ずるい!」と感じるかどうかなんです。

あるいは、職場で忙しい社員が、定時で帰っていく同僚を見てイラっとしたり、有給休暇を取りたいという部下に対して、承認をためらったりする上司などなど、日常のありとあらゆるところで多様な働き方を拒否する心理がまだどこかにあると思うんです。

会社としてもルールを見直さないといけないですよね。

まずは勤務時間の考え方。最近裁量労働制がどうか?って問題にはなってますけど、健全な働き方を考えている組織にとっては、時間で人の働きを縛るのではなく、フレキシブルに働ける職場環境があるといいですよね。

それと自宅でリモートワークできるような環境とか。

もう自宅でリモートワークとかなると、時間がどうかという話ではなくなってきます。成果で見るしかなくなるから裁量労働制なのかこれまでの標準時間と残業時間といった感覚が根本的に変わってきます。

こういった柔軟な制度にしようとすると、次にそれをどう評価につなげるのかといった問題が出てきます。

例えば、同じ品質の成果物を作ってきた人が2人いたとしますよね。

Aさんは生産性とプライベートの時間を大切にしているので、サクッと作って提出してきた。一方で真面目で努力家のBさんは、色々試行錯誤しながら遅くまで残業して頑張って資料を作り上げた。

事務所にいたX部長から2人の働き方を見ていると、

「Aさんはやることはやるけど熱心さが足りない。Bさんは一生懸命頑張って会社のために努力してくれている。だからBさんを評価すべきだ」といった考え方になります。

ただ、こうした情が入った評価も今後は無効になってきます。

品質的には同じなので、この仕事に対しての評価は同等。ただ生産性を考えると、Aさんの生産性の方が高いため、ポテンシャルはあるという評価ができます。

こういった形で評価基準がブレてしまうんですよね。

だからこうした働き方に応じた評価ができるように考えないといけないわけです。これは人事部の人は大変です(笑)

やれ女性活用だ、ダイバーシティだと言われ始めていますが、インクルーシブな環境も一緒に考えていかないと、従業員だけ増えて利益が減るという本末転倒な活動になってしまいます。

これらを具体的にどうしていけばいいのか?私も職場で試行錯誤しながらこのブログでも発信していきますね。(ちなみに私は人事部でも何でもありませんw)

-D&I

Copyright© 岡村周一の世界観 , 2018 All Rights Reserved.