現在のレンズでワークスタイルを考える

岡村周一の世界観

ワークスタイル

肺活量がアスリート並みって言われました(笑)

投稿日:2018-03-12 更新日:

私はビジネスパーソンには、仕事と同じくらい食事と運動の管理が重要だと思っています。

その理由はいたってシンプル。

私自身が働きすぎて何度も何度も健康を害してきたからです。

昔の私の働き方の典型的な状態として、ゴールデンウィークと年末年始に風邪をひく。という状態が毎年続いていました。

これって、完全に社畜ですよね(笑)

連休までずーっと気を張り詰めてるんですよ。で、なんとか連休前に仕事を終わらせる。で倒れる。連休中は寝込んでいて、連休が終わる頃にようやく体調が戻る。。。

最悪な生活でしょ。

こういった生活をしていたので大きな病気になったり、何度も入退院を繰り返すようになってしまいました。

で、2年前に倒れ緊急入院をしてから、本当に自分の働き方を見直すようになりました。

・基本残業しない
・平日でもジムに行く日を作る
・食事はバランスを考え量は多く取らない
・毎日7時間睡眠を心がける
・無理はしない

倒れた年も、自身の勉強会を立ち上げ、本業とは別の活動としてガンガンやろうと思っていた矢先でした。それ以降、セミナーはオンライン講座のみとし主催することもやめました。私自身が何かのセミナーに参加したりすることもほぼなくなりました。

こうした習慣を徹底することで、体重も体型も維持。筋肉量は増加。そして何よりもものすごく体力が付きました。

で、病院で肺活量を調べてもらった時に担当の方から言われたのがタイトルのセリフです。

まぁこういう記事を書いてしまうと、それがフラグとなって体調を崩したりしてしまうので、私自身これからもしっかりとコントロールしていきます。そしてこうした資本ができてこそ、様々なビジネス、自分のやりたいことに取り組めます。

運動とかめんどくせー。

なんて言わずにちょっとは体のことを考えてあげるのがいいですよ。

オススメはエアロとかヨガとかいったスタジオプログラムです。音楽に合わせて踊るようなクラスは運動にもなりますし、ストレス発散にもなります。

個人的なオススメは GroupFight(グループファイト)という格闘技系のプログラムなんですけどね。超発散できて楽しすぎます。

ぜひ自分の体に声をかけてあげてくださいね。

-ワークスタイル

Copyright© 岡村周一の世界観 , 2018 All Rights Reserved.