現在のレンズでワークスタイルを考える

岡村周一の世界観

プレゼン

【辛口プレゼン講座】質問がないということは…

投稿日:

よくね、社内で開催するプレゼンなどで見かける場面なんですけど、プレゼンテーション最後の質問の時間で質問がなかったとしますよね。そのときに、

質問はありませんかー?質問がないということは、皆さん理解したということでいいですね?

と若干脅しのようなことを言う人がいます。

正直私、このタイプの人は苦手です。まだ笑わせようとして言っている人はいいんですけど、本当に真面目に言っている人。こういう人は絶対後日

これ、前言っただろ!

と、プレゼンで言ったことをアリバイにして攻めてきます。嫌な奴ですよねー。

自分がプレゼンを聞く立場なら、質問がないということはどういう状況なのか、ちょっと考えてみたらわかりそうなものなんですけどね。いろいろ状況によって異なるとは思うんですけど、一般的にはこんな状況でしょうかね。

・プレゼンターの内容を完全に理解している
・本当は理解していないが、その話を聞いて「わかったつもり」になっている
・理解に苦しみ、何を質問すれば良いのかがわからない
・内容が難しく、途中からついていけなくなった
・興味がなく話を聞いていない

順番に見ていきましょうかね。

まず「プレゼンターの内容を完全に理解している」まぁまずこんなプレゼンはないんですけど、もしこういった状態になるのであれば、その人はそのプレゼンを一緒に作成した人か、今回のプレゼンのレベルが低すぎるということになります。

基本的にプレゼンテーションは、既存の知識や前提条件がありながらも、それを踏まえた新しい考えや提案を出すコミュニケーション手段です。聴き手の頭の中には情報や意見、発想がでてくるからディスカッションが盛り上がるんです。なので、聴き手が全て知っている話をされても質問は出てこないですよね。

あえて出てくるとしたら「で?あなたが言いたいのはそれだけ?」とか「そんなことみんなわかってますけど?」みたいな批判的な質問(質問というより感想)くらいでしょうかね(笑)

次に「本当は理解していないが、その話を聞いて「わかったつもり」になっている」パターンです。実はこのパターンは結構あって、プレゼンが上手い人の話を聞いているとよく起きたりします。

この「わかったつもり」が要注意なんです。

プレゼンはわかりやすく理解しやすかった。そして聴き手も理解していると思っている。この状態は「今わかっている状態」なので質問は出てきません。でも実際にこちらから質問してみたり、このプレゼン内容を聴き手に要約してもらおうとしたら、「え、どういう内容だったっけ?」となるわけです。

なのでここで質問が出ないのは致し方ないのですが、プレゼンターが想定しているFAQを紹介する、理解度を確かめてみる、実際にやらせてみるといった行為を取ってもらい、その際に不明な点が出てきたら受け入れるという姿勢を取るのが望ましいです。

決して「もう理解したんだよね」という脅し文句はダメです。相手が委縮しちゃいますし、ここで完全に理解しておかないといけないというプレッシャーにもなります。コミュニケーション上あんまり良くないですよね。

次に「理解に苦しみ、何を質問すれば良いのかがわからない」というパターンと「内容が難しく、途中からついていけなくなった」というパターンです。これは明らかにプレゼンターが聴き手の想定知識レベルを見誤ってしまった証拠です。または専門用語連発で聴き手の配慮が全くなされていないプレゼンに起きがちな状況です。

こういう人にする質問って「初歩的な質問で本当に申し訳ないのですが。。。」みたいに、聴き手側が気を遣って質問をしたりする場面もあります。どれだけ上からやねん。ってプレゼンターです(笑)

このタイプは言わずもがな、もう少しどんな人にどんな情報を伝えるのか、聴き手は前提条件を理解しているのか、専門知識はあるのかないのか?といった想定を立てて説明する必要がありそうです。

最後に「興味がなく話を聞いていない」人に質問を求めても。。って感じですよね。

これもプレゼン内容と聴き手のミスマッチなんですよね。事前に誰に対するプレゼンなのか?その人に合ったストーリーを考えているか?という基本的なことができていないとこういったことが起こりかねません。

ということで、5つのパターンを出してみましたが、2つ目の「本当は理解していないが、その話を聞いて「わかったつもり」になっている」パターンを除いて、質問が出ないのは全てプレゼンター自身の責任になります。

※ただ個人的にはわかりやすくて相手が「わかったつもり」になるようなプレゼンも最近問題だと感じ始めています。聴き手は理解したり、満足したりすると感情が安定するので行動を起こさなくなる傾向にあります。そうすると頭でわかっているから。という理由で行動を先延ばしにしたり、思った結果にならないということも起こり得ます。

ちなみにツイッター上では

こんな感じで毒をはいていますが、ほんと

質問はありませんかー?質問がないということは、皆さん理解したということでいいですね?

という人はいなくなってもらいたいと思っています。

もし私が使っていたら大ブーイングしてくださいね(笑)

-プレゼン

Copyright© 岡村周一の世界観 , 2018 All Rights Reserved.