現在のレンズでワークスタイルを考える

岡村周一の世界観

ワークスタイル

「好きなこと」と「楽なこと」とは違う

投稿日:

「好きな事で仕事をしたい!」

人生100年時代、いろいろな本を見ているとよく見かけるのが「好きなことを仕事にしよう!」というくだりです。

これからは60歳でも現役バリバリ、もっと長く仕事をしていく時代になる。また働き方も多様化してきた。そんな中で、つらい思いをして会社にすがっている必要性もないので、好きなことをしていこう。みたいな流れです。

私の友人にも起業している人が多く、本当に皆さん自立されていてすごいなぁと感心してしまいます。でもいろんな人と会話していると、「好きなこと」と「楽なこと」を混在している方もおられたので、こうして改めて記事にしてみました。

まず、私も「好きなこと」を仕事にすることは賛成です。

例えば

・好きだけどあまり収入を得られない仕事
・嫌いだけど高収入の仕事

もしあなたが仕事を選ぶならどちらの仕事を選びますか?

これはあなた自身の現在のライフステージにもよるかと思いますので、一概にどちらが正解というものはありません。

今はまだ収入が低く、苦労してでも高い収入を得たい。というのであれば嫌いだけど高収入の仕事を選ぶでしょうし、ある程度収入を得て金銭的には落ち着いている人であれば好きなことを仕事にするでしょう。

でも私の経験上、嫌いな仕事は長続きしません。(まぁわかりますよね)

最初は収入のため、と思って我慢しながら働いていても、そのストレスが蓄積していつか爆発します。感情が爆発する人もいるでしょうし、体調を崩してダウンするという人もいるでしょう。

だから私も好きなことを仕事にすることをお勧めします。

私の視点で言わせていただくと、最初から好きな仕事なんてみつからないという人もいると思います。仕事ってわかるようになったり、できるようになってきたら楽しくなってくるというものが多いんですよ。

だから、最初から好き嫌いで物事を判断するのではなくて、一度ある程度自分の力でできるようになるまでやってみてから判断するのがいいと思います。

これはね、仕事が楽しくないと思ったらすぐに会社を辞めて転職するような人に一度考えてもらいたいんです。

好きなことはすぐには見つからないけど、仕事がわかってきたら好きになっていく。

これがいいですね。

あと、もう1つ誤解のないように書いておきたいのが、「好きなこと」と「楽なこと」は違うということです。

だって極論を言えば「働くこと」そのものが好きじゃないって人も結構いるわけですよ。だから不労所得に憧れたりする。

でもね、不労所得を得ている人って、それまでに圧倒的な努力と成果を残してきたから現在そうなっているのであって、決して最初から楽してないってことに注意しておかないといけないわけです。

だから収入面で困らないようにするために楽な道ってないんです。

最初に言ってた人たちの会話を聞いていると、好きなことで仕事をしたいと言っていながら、結局嫌なことから逃げているって人なんだと思う事がありました。

だから誤解を恐れずに言っておくと

好きな仕事の中にも嫌なことは絶対起こる

ということを心得ておかないと仕事にはなりません。

例えばね、ネットビジネスでアフィリエイトして食べていきたいって人がいるとしますよね。何を売るかっていうとこういう人たちが売るのは「お金の稼ぎ方」みたいな情報商材。

アフィリ販売が好きというよりもお金が好きって人の方が多いので例がいいかどうかわかりませんが、満員電車に乗る必要もなく自宅で仕事ができるから好きって人もいるはずです。

そんな仕事をやっていても、お金の稼ぎ方に絡む仕事ですから、実際に商材を買った人から「効果がない」「金返せ!」「ネットで暴露するぞ」みたいなクレームを受けたりします。

ある程度ブレイクしたことによって、ちょっとした言動が問題になってネットで叩かれ、謝罪動画を出したりするってのもよくある話です。

他にももっとライトに自分の好きな手作り工芸品を売るような仕事をしていたとします。

ビーズなどでブレスレットをつくったり、ネックレスを作ったり、お客様に「かわいい!」とか言われるのが嬉しくて、あとは製作が楽しくて、これを仕事にしていくという人がいたとします。

でもなかなか認知されない(知ってもらえない)ので、もっとたくさんの人にしってもらうためにブログを書いたり、メルマガを書いたり、チラシを作ったり、交流会などに参加して知ってもらったりと販売活動に力を入れる必要もあります。

製作そのものは楽しいけど、売るための作業は好きじゃない。みたいなパターンもあるわけです。(まぁ資金に余裕があるなら外注するのが正解でしょうけど、こういう方方はたいてい低予算なのですべて自前の方が多いですよね)

だから、好きなこと=楽しいことという式ができあがってしまうと、好きだったはずの仕事もだんだん好きじゃなくなってしまいます。

本当に「好き」かつ「楽」なことで仕事にしたいのなら、その前に思いっきり苦労して自動で収入を得られる仕組みを担保してからのほうがいいですよね。

いずれにしても、最初から楽できるような仕事はないと割り切る勇気が必要ってわけです。

もっと未来になると、ベーシックインカムのようなベースとなるお金は手に入って本当に好きなことだけでいいようになるかもしれないですけど、それを期待して待つ時間があるなら、今苦労してでも将来楽できる仕組みを作る方が賢明ですよね。

私は人の成長に係わることができる仕事が好きです。

世界中を回りながらそうした仕事ができるように、今からしっかりと仕組みを作っておきます(笑)

-ワークスタイル

Copyright© 岡村周一の世界観 , 2018 All Rights Reserved.