現在のレンズでワークスタイルを考える

岡村周一の世界観

ワークスタイル

働き方改革で生き残るためのヒント

投稿日:


最近国が力を入れ始めている「働き方改革」。起業されている方には名ばかりであまり浸透している気がしないかとは思いますが、大手企業では少しずつ取り組みが行われ始めています。

最近の企業の取り組みを見ていると、まずは仕事の生産性を上げ、長時間労働を改善するというテーマに着手し始めたところという印象です。具体的には
・まずは組織として生産性の高いチームや制度を作っていく
・ロボティクスやAIなどの技術を使って、人的労働では非生産的な仕事を無くしていく
・個人の自助努力によって無駄な作業を無くしていく

このような取り組みを行うことで、少しずつ長時間労働の呪縛から解き放たれていくみたいです。

もともと長時間労働をする=残業代というインセンティブがある、評価されやすい。といった仕組みや意識を変えていく必要があるので、会社のトップが率先して進めていかないといけません。

なかなか先は長そうですが、1つだけ確実に言えるのは、私達も今の働き方を少しずつ変えていく必要があるということです。

そこで私がキーワードとして着目しているのが「マルチワーク」という言葉。1つだけでなく、複数の専門性を持って働きましょうというスタイルです。

これから働き方も多様化してきます。その中で大切なのは、まず1つ自身の専門分野を持つということ。これは会社が終身雇用制ではなくなってきたという点からも、自分自身の武器を持っておくことが重要になってきます。ここは最初の到達点として目指してもらいたいところです。

ただ、1つだけ専門分野を作っても安心できません。政府が多様な働き方を推進している以上、同じ専門性を持った人はこれから数多く出てきます。例えば、優秀だったが出産のために退職してしまった女性社員などは、これからはリモートワークという形で仕事をすることが可能になってきます。また国内だけではなく海外にも専門性が高い人材はたくさんいます。

そのため1つ専門分野を作ったら、全く別のジャンルでも専門性を高めていく。2つの軸を持っていることで個人の商品価値が大きく広がります。マルチワークは働き方改革によって仕事の進め方が変わったとしても、生き残っていくための重要なポイントとなります。

実はこの話って、実際に私の仕事の現場で起きている話なんです。例えば大きなプロジェクトで数十人規模のスタッフがアサインされたとします。そのプロジェクトに参画しているスタッフの専門分野が同じだった場合、そのプロジェクトが終わるとどうなってしまうでしょうか?

同じスキルセットを持ったスタッフが次のプロジェクトに移る場合、複数の専門性の持っていた方が有利に働きます。

確かに、システムしか分からない人と、システム+業務が分かる人がいたら、両方分かる人の方が重宝されますよね。仮にSAPシステムのプロジェクトが終了したとして、SAPシステムのプロジェクトが他になければ、システムしか分からない人は次のプロジェクトに行くことができず、ずっと待機状態になってしまいます。

最近はオリンピック需要で仕事はたくさんありますが、オリンピック後の景気停滞時に生き残っていくにはマルチワークができる人の方が有利に働くということになります。

ちなみに私は連結会計という、会計の中でも比較的ニッチな分野を専門としていますが、最近はダイバーシティプロジェクトのメンバーとして活動しながら、人材開発や組織マネジメントといった分野についても専門性を高めようとしています。また起業仲間の間では、プレゼンの専門家として活動したりもしています。

色々な組み合わせで多動的な動き方をすることで、全く新しいシナジー効果を生んだりするので、大変ではありますが、専門知識を得ることの楽しさを感じながら取り組んでいます。

これからは人生100年時代。リカレント教育という大人になってから学び直すという取り組みも始まっています。

働き方改革で使えるようになった時間を自分自身に投資することで今よりもさらに大きなリターンを目指してみてくださいね。

-ワークスタイル

Copyright© 岡村周一の世界観 , 2018 All Rights Reserved.